大学生から新社会人になることが決まり、大学の近くから職場に通勤しやすい場所に引っ越しをすることになりました。

私自身、引っ越し自体は人生で2回目で、1回目は大学進学を機に、実家のある地元から他県で一人暮らしをすることになったので、引っ越しをしたのですが、その時は家族にほとんどのことをやってもらったこともあり、今回の引っ越しでは自分であらゆることをやる必要がありました。

8861508633fc26b8237e01f83cd0deee_s

いろいろ勉強になったのは、引っ越 単身パック 比較というブログです。

今回の引っ越しの中で私が特に印象深いのは、引っ越しで一番大変なのが荷造りとごみ処理だということです。

新居に何を持っていくのか、そして、新しく買うものは何なのかによって、家にあるものをごみとして処理するものを決めていくのですが、家にあるものは少ないようでなかなか多いので、時にごみの処理が大変な粗大ごみが大量に生まれてくることもありますし、必要だと思って新居にもっていったものの中でも使わずにそのまま押し入れに放置される物もあります。

なので、家の中にあるものをどのように分類していくかが、引っ越しをした後に、失敗したなと思わないための秘訣かもしれません。やはり、引っ越した時に、これいらないや、とか、あれがない!とかなりたくないですもんね。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする